くぼの詰将棋

タイトルは怒られたら変えますw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Twitter詰将棋選手権⑮



そてつ 作


81龍、同玉、71金、同玉、A 53馬、 62飛合、63桂、 72玉、71金、同銀、同桂成、同玉、63桂、 81玉、82歩、72玉、73銀、同玉、65桂、82玉、71角、91玉、82金、同飛、同角成、同玉、71馬、91玉、81飛、迄29手。

歩合は作意通り進んで73銀のところ81銀以下。銀合は作意通り進んで65桂に72玉、62馬、同玉、53金、以下。
81玉も可(非限定)。
72玉は73銀、同玉、91角、82銀合、65桂、72玉、62馬、以下早い。
A 63桂、62玉、74桂、同飛、53角、52玉、42角成、61玉、71金、同銀、51馬、72玉、71桂成、同玉、53馬、81玉、82歩、同玉、71銀、同飛、同馬、同玉、61飛、82玉、81金、93玉、85桂、迄余詰

評価数 14 誤無解・無評価 5+1
評点 (2.64) [0 0 2 8 1 3]
順位 (13)


指将棋強豪のそてつ氏による陣形図式。
振り飛車で銀冠から穴熊に組み替えたような状況でしょうか。84の飛が振り飛車側の苦戦を感じさせます。

初手はほんとにこれしかありません。次いで73桂と打ちたくなりますが、同銀の形はむしろ守備力が上がっています。
そこで71金とするのが見つけやすいながらも焦点打の好手。同銀には今度こそ73桂があります。

同玉に53馬と入って合駒読みが厄介です。ここは保留して進めましょう。
62合に63桂~71金と清算し、再度63桂と打つのは自然な流れです。対して玉方は一旦81玉とよろけ、82歩を打たせてから72玉とするのが最善。単に72玉は73歩があります。
ここで、もし62の合駒が歩だと81銀と俗に打ち、以下73玉、65桂、82玉、71角、81玉、82金迄。62合はこの順を逃れる合駒でなければなりません。

候補は銀か飛。銀ならば81銀に82玉と逃げ、71角、同銀、同馬、73玉で上部に逃げられますし、飛のときもやはり82玉と逃げ、71角、91玉、82金、同飛、同角成、同玉、71馬、73玉で上部に逃げられます。
二択まで絞れたところで、再度その選択を保留して進めましょう。

81銀では上部が空いていて脱出されたので、先に上部を埋める必要性があるようです。そこで73銀~65桂と、持駒がありさらに馬が上部に利いているうちに73からの脱出を防ぎます。
対して72玉には、62が銀だろうが飛だろうが62馬と取って(飛の場合は73金と打った方が早いですが)簡単に詰みます。
なので82玉、71角と進み、ここで62が銀の時は同銀と取り、同馬、91玉、82金迄駒余り。
ここで漸く、62の合駒は飛であったことが判明しました!
62飛のときは82玉に71角、91玉、82金、同飛、同角成、同玉、71馬、91玉、81飛、迄。ピッタリ駒を使い切って還元玉で詰め上がります。

端正な陣形初形から71金や62飛合、73銀などところどころに好手を散りばめた本作。
やや実戦的な清算手順が目立ってしまうのが残念なところですが、この初形なのである程度は仕方のないところでしょうか。
いかにも指将棋強豪らしさを感じる作品でした。

と纏めるつもりでした。
ところが……

オオサキ:
81龍、同玉、71金、同玉に53馬でも63桂でも詰むみたい。


5手目より63桂、62玉、74桂、同飛、53角、52玉、42角成、61玉、71金、同銀、51馬、72玉、71桂成、同玉、53馬、81玉、82歩、同玉、71銀、同飛、同馬、同玉、61飛、82玉、81金、93玉、85桂、迄ピッタリの余詰がありました。
粗検申し訳ありません。ご指摘ありがとうございました。


名無し名人:
⑬と同じくジッセンテキ。これが作意ならだけど。

たちおか:
実戦でこれを詰ませられたら最高ですね。

鈴川優希:

指将棋が強くなれる系の詰将棋だ。

千年回廊:
振り飛車穴熊攻略した気分。


実戦感覚の詰将棋でした。

彼方:
実戦的で難解な手順。

ぬ:
難しい。

divD:
難解。

tsumegaeru:
全面的に柿木解答です。相当に難しい。

ゆーてん:
難解で、ソフトも意味不明な解答ばかりしてきました…泣かせますな><


難解という評が一番多かったです。
うちの柿木も30秒以上考えていました。

黄楊の輝き:
難解な物量詰将棋。収束が惜しい。

VAN:
収束がちと重い。


収束のダレに言及した短評。
一般的に収束だけでも決まっているとそれだけでぐっと詰将棋らしくなるように思っています。

河童生:
初手はこれしかないが、4手目の応手が少し厄介。
馬の利きを利用しての桂打が2度。最後は再び古巣に戻って、ザ エンド。
穴熊から始めたのは、この為ですね。


初手を付与して穴熊にしたのは還元玉にする意図もあったからでしょうね。
ところでザ・エンドはちょっと違和感。

桃燈:
3桂あって詰まぬことなし。


実際には詰まないことの方が多いんですけどね(笑)
謎の格言です。
[ 2015/12/29 13:00 ] Twitter詰将棋選手権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。