くぼの詰将棋

タイトルは怒られたら変えますw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Twitter詰将棋選手権⑬



れおす 作

24桂、 31玉、34飛、 33桂打合、42飛成、 同銀、32銀、22玉、21銀成、同玉、32銀、22玉、31角、同銀、同銀生、同玉、33飛成、41玉、32龍、51玉、63桂、61玉、52銀、62玉、74桂、迄25手。

同歩は43角、同銀、23銀、同玉、43飛成、33金合(他合は34銀、12玉、32龍)、32銀、12玉、21銀生、同玉、31飛、同玉、33龍、41玉、43龍、以下早い。
22玉は32飛、13玉、22銀、24玉、46角、15玉(25玉は28飛)、18飛、16合、35飛成、25合、37角、迄。
33歩合は32銀、22玉、31角、同銀、同銀生、同玉、32銀、22玉、21銀成、同玉(13玉は25桂)、41飛成、31香合、同龍、同玉、33飛成、41玉、32龍、迄。
同玉は43銀、同玉、61角、42玉、43銀、31玉、32銀成、迄。

評価数 16 誤無解・無評価 4
評点 1.94 [0 0 0 5 5 6]
順位 18


これぞ実戦という初形。この持駒ではどうにも足りなさそうに思えますが……。

24桂と打ち込むのが急所の一手!
同歩は43角~23銀、33玉は44銀~35角、22玉は32飛~22銀、41玉は63角以下でそれぞれ詰みます。
そこで31玉と逃げるのが唯一の防手となるのですが、いかにも危ない。初形とはうってかわって、すぐにでも詰んでしまいそうです。

しかし32銀は22玉、32飛は41玉とぬるぬると逃げられ、打った攻駒が邪魔をしてうまくいきません。
ここで34飛の限定打が見えにくい妙手で、これが最善とはちょっと驚きでした。
しかしその目的は24に利かせて上部脱出を防ぐことで、考えてみるととても合理的。なるほど。

限定打に合駒の変化がまた厄介ですが、33合に32銀~31角で清算し、再度の32銀~21銀成、13玉となったときの25桂を防いで33桂打合が正解となります。尚、33桂跳合は同飛成以下。
33桂打合に32銀は詰まないので、今度は42飛成とバッサリいきます。同玉は43銀~61角。

同銀に32銀~21銀成、そして32銀~31角とさきほどとは逆順に清算して、31玉に33飛成となれば詰み形。
以下はちょっと盛り上がりに欠ける手順ですが、持駒を使い切るのが大変だったということでしょうか。持駒をペタペタと打って詰みとなります。

実戦形で、右上隅での細かい攻防が面白い本作。序はかなりのものと思いました。
収束をもう少しキッチリと纏めることができれば、ぐっと良くなっていたのではないかと思います。
収束の与える印象というのは思いのほか大きいですから、次は収束にも拘ってもらえると嬉しいです。


れおす:
最後の方が並べ詰めになってしまって残念だけど、最初の数手が見えづらいのと、変化が多いのを評価してもらえれば!


収束は作者自認。左側が割と自由に使えそうなので何とかできないかなあとも思いますが、実際にやってみないとわかりませんね。
序の見えづらさは妙な味の良さを伴って好感触でした。

黄楊の輝き:
序はいい感触。その後は残念。

千年回廊:
収束が残念。

彼方:
序の変化と紛れが厚いだけに、駒取りの多い中盤~収束が惜しい。

鈴川優希:
24桂~43角~23銀とは恐ろしい筋があったもの。こっちを作意にしてまとめるつもりが31玉が長引いて結局この収束になってしまった、というところかな。


どうなんでしょうね。34飛を入れたかったという可能性もありそう。

tsumegaeru:
力強い手順。

たちおか:
実戦型でまさかの難解作。柿木に頼りました。

河童生:
初手への応手読みから始まって、けっこう、変化読みが煩わしい作品。
煩わしさで難解、解けてもあまり感心しないですね。


変化の多さは煩わしさと隣り合わせ。変化のつけ方というのは実はかなりデリケートなのです。

VAN:
実戦が題材だろうか。

桃燈:
実戦で詰ましたら爽快感がありそう。


実戦でこれを読みきって詰ますことができたら、詰棋スト冥利に尽きますね。(詰棋ストって死語?)
でも、

ゆーてん:
まったく詰まなさそうだったのでびっくりです。実戦に役立つ…かも?


私もまったく詰みそうにないと思ってしまったので、実戦ではそもそも詰みを読まないでしょう(笑)

divD:
変わった詰上がり。課題は?

そてつ:
駒捨てというより駒取り感。個人的に変化は悪くないと思う。

ぬ:
駒取りは捨駒と認めません。

最後は課題に関する評。
恐らく作者としては9手目21銀成が「打った駒を後で捨てる」手ということなのかなと思ったのですが、一般的に駒取りは捨駒ではないようです。
課題を厳密に定義せず作者の定義に拠ったためのすれ違いであり、申し訳なく思います。すみません。
[ 2015/12/17 21:00 ] Twitter詰将棋選手権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。