くぼの詰将棋

タイトルは怒られたら変えますw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Twitter詰将棋選手権⑨



桃燈 作

13金、 同玉、15香、同銀、35馬、24銀、12金、14玉、15歩、同玉、26金、14玉、15歩、同銀、13金、迄15手。

同銀は15歩、同玉、26金、24玉、64飛成、33玉、44馬、24玉、25歩、14玉、15香、迄2手早い。

評価数 17 誤無解・無評価 2+1
評点 2.12 [0 0 2 4 5 6]
順位 16


9作目は前回の握り詰大会で優勝を飾った作者。本作はどうでしょうか。

初手はなんとなく歩を叩きたくなるところですが、同銀とされると26に利いてきて逃れ。そこで13金と感触の良い焦点捨てから入ります。
同銀は今度こそ上から叩いて詰むので同玉、そこで15香~35馬と網を絞ると、24銀とスイッチバックの移動合で応じるのが本作のハイライト。15を空けて12金~13金打に備えます。
以下はほとんど追い詰になりますが、15歩、同銀で再度銀が動くのはちょっと嬉しいところですね。
最後は複数あるところですが、作意は13金迄で初手と最終手が同一(もちろん13馬迄の解答なども正解)となっています。

初手や銀の動きが面白いですが、手数を考えると少し物足りない感じ。
また課題作として、最終手余詰や最終2手変同は避けたいところだったかなあと思います。
もう一回銀を動かすとか、収束で飛を捨てるとか、もうちょっと内容を欲張れると良かったのかも。
次作でのリベンジに期待したいです。


桃燈(作者):
今回の課題の還元玉・初手と最終手が同一、の二点を満たした作品です。手順の割に配置が広がってしまいましたが、玉方銀のスイッチバックを絡めて、課題を端的に表現できたと思います。

有吉弘敏:
玉方銀の往復ですね。

黄楊の輝き:
銀のフットワークがいいですね。6二飛が残念。


銀の往復がいい味を出しています。

河童生:
見せ場は24銀の移動合? 最後は23王と逃げて、22飛成と62飛の顔を立てましょう。


それをされると課題が……。

そてつ:
どちらの課題も非限定の含みがあり残念。

tsumegaeru:
変同と最終手余詰が残念

divD:
還元玉にしては(取るのが自然とはいえ)避ける手があり、最終手も馬があって限定ではないのは残念。


課題作としてはやはり完全限定が望ましいところでした。

鈴川優希:
最後23に逃げると課題満たさない。それを置いといてもこの収束はだめかな。

名無し名人:
手順はともかく、62飛が残ることで全てが台無し。しかも最終手余詰がヤバい。

VAN:
収束に飛車捨てを入れたい。

たちおか:
できれば作意で飛車を動かしたい。


短編で大駒が遊ぶ詰上りは悪目立ちしてしまいますか。

彼方:
26金が残ってしまうのが残念。


最後25金、23玉、22飛成、同○、34馬、迄とかにできればまとめて解決。これじゃ課題の方がダメだけど(笑)

ゆーてん:
最初「初手と最終手が同一」ってヒントを見ずに15歩から読んで泥沼に入ってしまいました。

千年回廊:
収束がイマイチ

ぬ:
前半の勢いが後半で失速しちゃった感じです。

三輪勝昭:
何の妙手もなく詰んでしまい不安。

くろかず:
作意っぽくないので不安ですが初手と最終手が同じなので…自信はないです。


安心して下さい、合ってますよ!>お二方
[ 2015/12/06 01:00 ] Twitter詰将棋選手権 | TB(0) | CM(2)
イの変化は作意より二手短いようですが…
[ 2015/12/06 01:42 ] [ 編集 ]
ほんとですね。数え間違えていました。
私の方が見落としてるし……。

ご指摘ありがとうございます。修正させて頂きます。
[ 2015/12/06 07:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。