くぼの詰将棋

タイトルは怒られたら変えますw

詰将棋パラダイス 2014.10 表紙

019.jpg

A 21銀生、 23玉、B 12銀生、 22玉、C 23銀成、 同玉、32角、22玉、21角成、23玉、32馬、12玉、23銀、同銀、21馬、迄15手詰


A 21角、11玉、12銀、22玉、23銀左成、同銀、以下逃れ
B 32角、22玉、12銀成、31玉、21角成、42玉、以下逃れ
C 44角、12玉、21銀、23玉、以下逃れ
C 33銀、12玉、21角、11玉、22銀成、同玉、32角成、12玉、以下逃れ

22玉は32と、23玉、33と、14玉、36角、25合、15銀、迄
12同玉は21角、23玉、32角成、12玉、23銀、同銀、21馬、迄早い
23同銀は44角、31玉(12玉は21銀)、22銀、42玉、33角成、迄


解答者103 誤8



初の表紙入選作。
初手から銀を連続で3/4回転させるのが狙いで、左からいきなり23銀成だと同銀で詰まないが右から回転して22玉型にすれば23銀成を同玉と取らせることができるという微妙な差の上に成立しているのは面白いと思う。
後半はやや間延びした感じがあるが、変化を変化同手数にしないためには仕方がなかった。
構図上は32や21に銀があると邪魔になるという設定がうまくいき、中々コンパクトに纏められたのでないかと思っている。ただ52歩だけはちょっと残念な配置。


発表後、本作を見たあるプロ棋士の先生から「なぜ▲32銀→21銀、12香追加/△12玉→23玉と2手逆算しなかったのか」と尋ねられた。
難しい比較だとは考えつつも最終的にその案を採らなかったのは、発表図の方が21銀生~12銀生~23銀成の味が良いと思ったからだ。これは個人的な感覚に他ならないが、一応原因を分析してみるなら、12香が邪魔駒然としてあることで32銀生~21銀生(~12銀生)までの手順が必然となり、結果的に1/2回転以下に感じられてしまうためだろうか。
そのようなことを答えるとその先生は「なるほど」と言って下さったが、納得してもらえたのかどうかはわからない。ただまあ、今でもこの選択は正しかったと作者は思っているのである。


岡○正貴「32銀の消去が旨い。昔なら百点をつける所。」
止○丘八「銀の3/4回転、横着して逆に回ると同銀で詰まない。」
中○増一「22玉の形にしないと23銀成が成立しないのが面白い。」
ほかにも嬉しい短評が沢山あった。表紙作は短評が多く掲載されるのも魅力の一つと思う。



[ 2015/09/24 15:00 ] 発表作 | TB(0) | CM(2)
回り道
銀の4分の3回転が狙いで創ったのですか?
僕には最初から23銀成が出来るのに、わさわざ反対側に回るのが狙いと思いました。
創作動機がどちらが先かはどうでも良いのだけど、作家としては気になるもの?
それとも作家でも気にならないもの?

僕はこの作品は解きました。
前者だけなら難しい事じゃないが、後者の仕組みに感心しちゃいました。
これ2手逆算しゃうと、確実にこの感触はぼけてしまうでしょう。
こちらの図で発表したのは正解だと思います。
ただ初めから解かずに鑑賞する人なら、 2手逆算図の方が良く感じるかも知れないなとも思ったりもします。
[ 2015/09/24 19:45 ] [ 編集 ]
もとは銀の回転から作り始めた作品ですが、ただ回転させるという形式だけを目指したわけではありません。装置的なものを省き、自然に回転を表現しようとした結果として、玉の移動域が狭まり左右回転での微妙な差異が生じました。
ですから明確にこれを目指していたわけではなくとも、左右回転での差異も一つの狙いと言えるとは思います。
仰る通り、前者だけなら難しいことでもなんでもないので、いかに妙味を含んで自然に仕上げられるかにこだわったわけです。

2手逆算については同じ意見の方が多いようで少し安心しました。でも鑑賞する立場だと意見が変わるかもしれないというのは、言われてみればなるほどですね。

なお蛇足ながら、もしはじめから左右回転での差異をテーマにしていたならば、もう少し初手23銀成が自然に映るような構成にするところかもしれません。
[ 2015/09/24 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL