くぼの詰将棋

タイトルは怒られたら変えますw

握り詰大会 on Twitter ⑥



たちおか 作

A 48金、39玉、49金、同玉、48と、39玉、49と、同玉、58馬、39玉、48銀、29玉、「47馬、19玉、46馬、29玉、56馬、19玉、55馬、29玉、65馬、19玉、64馬、29玉、74馬、19玉、73馬、29玉、83馬、19玉、82馬、 29玉、92馬、19玉、82馬、29玉、83馬、19玉、73馬、29玉、74馬、19玉、64馬、29玉、65馬、19玉、55馬、29玉、56馬、19玉、46馬、29玉、47馬、19玉、37馬、29玉、38馬、」同玉、37龍、49玉、39龍、58玉、59龍、67玉、68香、 78玉、79龍、87玉、77龍、98玉、99歩、89玉、79龍、迄73手詰

A 48とは59玉以下逃れ
37桂合は復元型無駄合(同馬以下、再度馬鋸で遠ざかって持駒に桂が1枚増えて同一局面に復元する)
76玉は79龍以下作意同様に詰む(変化同手数)

正12 誤 0 無 0
評点 3.92 ( 5*4 / 4*3 / 3*5 / 2*0 / 1*0 )
順位 5位


作者
無双30番の馬鋸です。この趣向は飛角銀と置き駒があれば効率よく手数を稼げるので握り詰に向いていると思いました。途中68香を省略し57龍とすると69に逃げてループします。小駒成駒は握り詰なので許してください。僕には短編のイメージしかないと思うので、さすがにこの作者は当たらないでしょう。


ご存知の方も多いと思いますが、無双30番と同型の馬鋸です。
握り詰で馬鋸というのは割と定番ですが、しかし実際に作るとなると簡単ではありません。
駒種からこの型の馬鋸を想起し、実際に組み立てた作者の腕は確かなもの。

序や収束も無理矢理つけた感じではなく、自然に纏まっています。
98成香や85成銀は握り詰であることを感じさせる配置ですが、これくらいは構わないでしょう。
ただ、変化に示したような復元型無駄合は気になるところ。
握り詰なので仕方なく、という事情だとは思いますが、一応言及しておきます。

作者当ては確かに当てている人がいませんでした。
一部私(解説子)の作品ではないかという声もありましたが、私は長編が苦手です!


咲花
よくある馬ノコだけど、創作技術は感じる

☆同意見。

占魚亭
いい意味で力が抜けているという印象。

☆これも同意見。

VAN
まさかの馬鋸。

桃燈
馬鋸を織り込む作者がいたことに驚いた。
なんとなく無双30番を思い起こす手順だと思う。

☆ご名答ご明察。無双30番を意識して作られたようです。

河童 B
馬鋸の出現にビックリ。その後の収束もお上手。
ただ3枚の成駒が不自然、握り詰では仕方なしかな。。

☆握り詰ということで目を瞑って下さい。

彼方
シンプルな馬鋸、序も収束も趣向手順っぽくなっている。途中、馬の王手に桂合は復元型無駄合?

☆はい、復元型無駄合です。ちょっと気になるところですね。

divD
歩を取りに行けばいいことに気付くまで無限運動を楽しみました。

☆これは作者にとっては嬉しい解答者さん。

黄楊の輝き
今回の最長手数。序の邪魔駒消去、馬ノコから龍追いと上手いですね。
イキロンさんかな。

☆残念ながら私ではありません。間違えてもらえたのはむしろ嬉しいですけど(笑)

そてつ
一目で馬鋸。18の成香が残るのは残念な気がする。唯一の長編に敬意を示したい。



咲花君が今最も注目しているらしい作家。
最近は本誌でも名前を見ることが増えてきたように思います。(個人的には初入選の作品が好き。)
今後も益々活躍してくれそうで、目が離せません!
[ 2014/11/20 21:45 ] 握り詰大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL