くぼの詰将棋

タイトルは怒られたら変えますw

相馬慎一作品展③

お待たせしました、第三弾。

今回は趣向作ということで、比較的気軽に取り組んでもらえるはずです。
でも解けばちゃんと相馬さんらしさを感じられる、そんな作品です。
是非解いてみて下さい。

soma03.jpg

手数は大学院級(51手~)。でも中編を解くより断然易しいですよ!
解答・感想はコメント欄に書き込んでいただくか、メールでikz26.tsumeshogi <> gmail.com迄( <> のところに@を入れて送って下さい)
締切は10/10(金)と致します。


[ 2014/09/06 20:41 ] 相馬慎一作品展 | TB(0) | CM(3)
3九金迄93手。
四段に飛があるときに43角を打つと15玉27桂同杏16角成同玉27金同玉28銀上16玉17香25玉で26歩が打歩詰となる。飛が無いときは26歩が打てるので合駒だが、歩合だと同角同玉43龍25玉26歩15玉16歩同玉27金15玉16香まで。飛合で同様に進めると上記16歩が打てず、打開しても後に26歩が打歩詰。攻方は歩が欲しいのでと金を狙うが玉方は角中合で抵抗。以下繰り返しで最後はと金を手に入れて収束。
飛合,角合とも25,16へ利かす不利合駒ですね。完璧です。
[ 2014/10/10 23:48 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/12 20:06 ] [ 編集 ]
締切すぎてしまいました。39金まで93手ですね。飛・角のどちらかが持駒の場合だけ、単純に攻めると打歩詰になる構図が秀逸です。序奏や収束がシンプルで好感のもてる仕上がり。こういう作品はぜひ詰将棋を始めた人に見てほしいですね。
[ 2014/10/13 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL