FC2ブログ

くぼの詰将棋

ぼく(くぼ)の詰将棋ブログです

第5回裏短編コンクール 出題

お待たせしました。
第5回裏短コン、一挙25作を出題します!

■課題
盤面11枚以上の9手詰
※タイトルにかかわらず、すべて普通詰将棋です。

■作者一覧(敬称略、アルファベット・50音順)
∇、nono_y、NZ、soga、springs、tsumegaeru、
青木裕一、有吉弘敏、上谷直希、馬屋原剛、
雲虚空、奥鳥羽生、梶谷和宏、久保紀貴、
近藤郷、相馬慎一、園川、竹中健一、
竹野龍騎、太刀岡甫、虎野亜奈、ミーナ、
原田豪、ほっと、ルモ

解答にあたってのお願い・注意事項など
作品を出品された方は、必ず解答お願いします。もちろん解答だけの参加も歓迎します。
・ソフト解答OKです。ただし、その際はソフト使用である旨を書き添えてください。
・面倒かもしれませんが、解答手順は省略せずに書いてください。
コメント・評価を必ず記載下さい。コメントは長くても構いません。
評価は0~10点の11段階でお願いします。各人の評価は公表されません。
・評価は作品ごとに集計し、「√(平均点×0.4)+1」で3点満点に換算して公表します。
・誤無解の評価、および作者自身の評価は集計から除外します。
・上位3作品を予想してください。的中者は表彰します。
・タイトルが気に入った作品を1つ選んでください。最も票が集まった作品はベストタイトル賞として表彰します。
・作者予想をしてみるとより楽しめると思います。
・景品はありません……。

解答締切: 12/8(日) 23:59
解答送付先:
ikz26.tsumeshogi●gmail.com
●を@に替えてください。
件名は「裏短コン解答(  )」とし、()内にはお名前を記載下さい。PNでも構いません。

解答にあたり、以下のいずれかのテンプレートを活用ください。
アップローダーのファイルDLパスワードはuratan05です。(下の図面一覧も同様)
txt形式
docx形式(図面付き)

また、持ち運び用に図面一覧(pdf)もご用意いたしました。
図面一覧(pdf)


以下、作品一覧となります。
なお出題順は公平を期すため、抽選(あみだ)としました。
ご解答、お待ちしております!




①「これが駒台の大駒です」
uratan05_01.png


uratan05_02.png


uratan05_03.png

④「移り気eyes」
uratan05_04.png

⑤「初めに21枚ありき」
uratan05_05.png


uratan05_06.png

⑦「砂金の町」
uratan05_07.png

⑧「ICBM」
uratan05_08.png

⑨「マッハ=ツェンダーの干渉計」
uratan05_09.png


uratan05_10.png

⑪「冒険禁止」
uratan05_11.png

⑫「ふたつのムレータ」
uratan05_12.png

⑬「ボンバーマン」
uratan05_13.png

⑭「構想は○ミだ」
uratan05_14.png

⑮「平行」
uratan05_15.png

⑯「かしこ詰 9手(透明駒 0+0)」
uratan05_16.png

⑰「Vertical」
uratan05_17.png


uratan05_18.png

⑲「ダイオード」
uratan05_19.png

⑳「11手は長すぎる」
uratan05_20.png

㉑「ブラックペアン!」
uratan05_21.png


uratan05_22.png

㉓「跳ねていくもの」
uratan05_23.png

㉔「スピニングウマゴン」
uratan05_24.png

㉕「成か不成か」
uratan05_25.png
[ 2019/11/04 21:30 ] 第5回裏短コン | TB(0) | CM(0)

裏短コン参加者一覧(出題予告)

第5回裏短コン、本日一挙出題予定です。
既に25名の方から作品をいただいております!ありがとうございます!

一応アディショナルタイムということで17時まで投稿を受け付けますが、
抜け漏れ防止のため、現時点で作品を投稿いただいている方々の名前を予めここに発表します。
抜け漏れや誤りがございましたら、ご連絡いただければ幸いです。
よろしくお願いします。
出題は19時頃を予定しております。

以下、投稿をいただいている方一覧です。
(敬称略、アルファベット・50音順)

∇、nono_y、NZ、soga、springs、tsumegaeru、
青木裕一、有吉弘敏、上谷直希、馬屋原剛、
雲虚空、奥鳥羽生、梶谷和宏、久保紀貴、
近藤郷、相馬慎一、園川、竹中健一、
竹野龍騎、太刀岡甫、虎野亜奈、ミーナ、
原田豪、ほっと、ルモ
[ 2019/11/04 01:38 ] 第5回裏短コン | TB(0) | CM(0)

第5回裏短編コンクール 作品募集

Ladies and Gentlemen!!
第5回裏短コン!開催します!

裏短コンとは?
冬眠蛙さんのブログで行われていたプレ短コン休止に伴い、鈴川さんが2015年に始めた企画です。

元々の理念としては
 ・詰パラにおける(表)短コンの「盤面駒数10枚以下」という条件に異を唱える
 ・詰将棋の芸術的側面を強調するために、作品にはタイトルを必須とする
を掲げていました。
が、「作品に無理にタイトルを付けることはむしろ詰将棋の芸術性を損なうことに繋がる」という持論があるため、今回はタイトルを必須としません。付けたい人だけ付けて下さい。

また、今回から正式に複数解などの出題形式を認めます。(ただし、フェアリールールは不可)
例えば2解の指定があった場合、解答者には2つの解を両方解答していただきます。片方のみの解答は不正解となります。
ただし、それをどう捉えどう評価するかは解答者に委ねられます。極端な話、「2解は余詰なので0点」という評価もありえます。

以下が詳細な作品条件、投稿要領となります。

■作品条件
・盤面枚数11枚以上の9手詰
・タイトルは任意
・複数解などの出題形式を指定可能

■投稿要領
・件名 … 裏短コン投稿(名前)として下さい
・タイトル … 任意
・配置 … 画像ファイルやkifファイルの添付で代替可
・出題形式 … 指定のある場合のみ記載下さい
・作意手順 … kifファイルの添付で代替可
・作者コメント … 結果発表時に一部を掲載する可能性があります
以上を記載の上、ikz26.tsumeshogi●gmail.comまでメールで投稿下さい。(●を@に替えて下さい)
(なお、投稿者には必ず解答をいただいています)

■投稿締切
11/3(日) 23:59まで


参考までに過去の解答ルールも掲載しておきます。

■過去の解答要綱(変更の可能性があります)
・出品者には、必ず解答してもらう。
・ソフト解答OK。ただしその旨を明記。
・解答者は短評必須。
・0~10点の11段階評価。「√(平均点×0.4)+1」で3点満点に換算する。
・自己評価は計算から除外。
・上位3作品予想必須。
・ベストタイトル投票必須。
・不完全作や条件不適作が万が一出題された場合、順位対象外とする。


以上、皆様のご参加をお待ちしています!
[ 2019/10/05 16:38 ] 第5回裏短コン | TB(0) | CM(0)

とある早朝のホットケーキ

ドンドン!ドンドン!

ある朝、強く戸を叩きつける音で目を醒ました。
眠い目をこすり時計に目をやると5時を少し回ったかというところだ。
「グゴゴゴゴ……。誰だ?わが眠りを さまたげる者は?」
気分は完全にエスタークである。
とはいえAI2回行動のスキルもないし、滅ぼされてしまっては困るので、仕方なく起き上がって対応することにした。

玄関までいって覗き窓から外を覗いてみると、深淵がこちらを覗き返した。
嫌な予感がする……。やっぱり警察を呼ぼう。
そう思って引き返そうとしたとき、戸の向こうで声がした。
「裏短コン、やりませんか?」

アイエエエ!?ウラタンコン!?ウラタンコンナンデ!?
そう、戸の向こうに立っていたのはほっとさんだったのである。

説明しよう!
ほっとさんとは、年商5000兆円を誇るほっとベーカリーの店主にして、
看寿賞作家、(実質)解答王、現大学院担当、看寿賞選考委員、
そして一昨年と昨年の裏短コン主催者である!

そんなほっとさんがほっとベーカリーの主力商品、
ホットケーキを片手に今年の裏短コンを主催しないかと誘ってきたのだ。
これを断れるほど私の心は強くない。
体は剣、血潮は鉄で、心は硝子である。

「もちろんやらせていただきます」
その一言を絞り出した私は、満足気に帰っていくほっとさんを見送った後、
手土産のホットケーキと紅茶で山路さんごっこにいそしむのであった……。
[ 2019/09/30 23:47 ] 第5回裏短コン | TB(0) | CM(0)

詰将棋全国大会参加記② 本会(前半)

さあ全国大会当日。
11時頃に会場入りし、まずは看寿賞受賞各位の隣に堂々と陣取ります。
や、眼が悪いのですからね()

続いて11時半頃、若島さんからの連絡を受けてこの詰を搬入。
この詰を持って会場に戻ると既に購入希望者の列ができており、注目度の大きさを感じました。
ま、私の原稿が載ってますからね()

一仕事終えた後は会場近くのお洒落なお店でランチタイム。
會場さん、馬屋原さん、上谷さん、タピオカくん、kisyくんのうち3人と一緒でした。多分。
最近記憶力の低下が酷いです……。

お昼を食べながら、解答選手権のコンテンツ化や生放送計画などについて勝手な意見を交わしました。
その他、ハンバーグだけでなくリゾットも食べたいなどという他のない会話も。

腹ごしらえをして意気揚々と会場へ戻ると、既に開会挨拶などが終了しており、間もなく授賞式というところ。大遅刻をやらかしました。
ま、しかし腹が減っては戦ができないですからね()

授賞式では写真をパシャパシャ。
有吉さんがなぜか若島さんが『盤上のフロンティア』の宣伝をされ、以降壇上に上がった人は書籍の宣伝をしなければならないという暗黙の了解ができ上がったようです。
(有吉さんが宣伝されたのは、前日のたこ研ででした!)

受賞作の解説は今年から選考委員長に就任される石黒さん。ポイントを押さえた解説だったと思います。
ただ、若島さんの作品で35角合を打診中合と解説されていたのは気になりました。
が、「ファイナルカウントダウン」の解説では山路さんにマイクをぶん投げるファインプレーで、貴重な創作談と電撃発表を引き出しました。電撃発表については近く本誌でも発表されるかと思います。
創作談の方では、「25馬の形では馬が強力すぎて逆算が続かないので、15から寄る形にした」というコメントに、なるほどそうやって暗闇の荒野に進むべき道を切り拓いていくものなのかと膝を打ちました。

七條賞受賞者は3名の方が参加。かつて(なぜか)筒井さんが連続代理受賞されていたことを思えば、快挙と言える参加者数です。来年からは補助も出るようになるとのことで、さらなる参加者増を期待したいところ。
受賞の言葉では唯一満点を獲得された竹中さんが、先述した暗黙の了解に従って『青い鳥 ~kisy一族作品集~』の宣伝をされました。私も作品と解説を載せさせてもらっているので、是非1冊、いや20冊ほどお買い求め下さい!

門脇賞は浦野先生。ハンドブックシリーズが詰将棋普及において果たした役割の大きさを考えれば、当然の受賞と言えます。
受賞の言葉では、先生のハンドブックシリーズに対する思い入れの強さを聞くことができました。早く作品集も読みたいなあ。
普及といえばスマホ詰パラも主に若手世代の参入に大きく貢献しており、そろそろ門脇賞受賞のファイナルカウントダウンに入ったところでしょうか。

10回参加者は濱田さん、と後から吉田さんの参加が判明。
25回参加者は稲葉さんと猪俣さん。
なかなか毎年参加するのは大変だと思いますが、私も引き続き参加していきたいです。

握り詰は個人的にはなかなかの作品が集まったという気がしました。
19手以下ではいつかの福原作のような傑作は難しいのかもしれませんが、意思をもった作品が多かったのは収穫だったと思います。
首位は武島さん。狙いを実現させつつ大駒を捨て切る収束は流石の一言です。

ここで前半の部が終了。中休憩に入りました。
記事を書くのも一旦休憩として、続きは次回!
to be continued
[ 2019/08/04 16:44 ] 余話 | TB(0) | CM(0)